TOP JFSAとは 暖炉・薪ストーブ基礎知識 設計・建築関係の方へ メディアの方へ 行政との連携 統計資料 お問い合わせ
ホームJFSAとは

JFSAとは

ご挨拶
一般社団法人 日本暖炉ストーブ協会
理事長 鷲巣 勤
この度、平成30年5月22日の日本暖炉ストーブ協会定時社員総会において理事長に就任致しました鷲巣勤でございます。
当協会は平成4年に任意団体として活動を始め、平成22年4月より一般社団法人に変更し、今日まで高い技術水準と品質並びに安全性を兼ね備えた暖炉・薪ストーブの普及を図り、豊かで快適な生活文化と住生活の向上に寄与することを目的として活動して参りました。

暖炉・薪ストーブの文化は欧米諸国と比較すると、我が国においては技術・知識・経験、いずれにおいても未だ成長過程にあります。
そうした中、当協会は、国内で最も会員数の多い暖炉・薪ストーブの業界団体として、常にリーダーシップをとり、正しい知識、高い技術、安心安全な商品と施工を提供するべく、事業活動に取り組んでおります。
年2回の講習会では会員への安全講習、外部講師招聘による講演会、技術向上のための研修会、新しい情報の提供と交換などの勉強会に加え、近年は行政機関との連携活動も活発に行っております。
平成25年からはJFSA認定技術者資格試験を実施し、販売及び施工に関する基本的知識を身につけた人材として資格者をのべ200名以上を世に送り出してまいりました。
当協会には現在100社の会員が加入しており、暖炉・薪ストーブの販売台数は統計を取り始めてから通算で170,000台以上となっています。

この度、新体制がスタート致しましたが、これを機に今まで以上に、常に前進をし続ける組織として、また業界全体の繁栄・発展も視野に事業活動を推進していく所存です。
今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。
事業内容
暖炉・ストーブに関する安全性確保のための諸活動
煙突掃除、メンテナンスに関する技術水準確保のための諸活動
安全基準統一、協会認定資格制度導入に関する諸活動
情報の収集・提供、広報・教育、啓蒙に関する諸活動
市場、製造、施工に関する調査研究
関係諸法規に関する諸活動
会員相互の親睦交流
国際関連諸団体との交流
その他本協会の目的達成に関する諸活動
活動内容
運  営
社員総会
理事会
技術委員会
広報委員会
対外関係
国土交通省、経済産業省、環境省、林野庁、消防庁、地方公共団体等との情報交換
安全・PL対策
安全講習会の実施
認定技術者試験の実施
安全基準ガイドの作成
協会員向け賠償責任保険の取りまとめ業務(PL保険、損保保険会社との提携)
海  外
海外諸団体との交流(米国HPBA他)
海外展示会への訪問団の派遣(HPBExpo他)
海外教育機関からの講師招聘
関連・業界
燃料関係業界との交流
試験機関との連携
広  報
ホームページの運営
小冊子「暖炉、薪ストーブQ&A」の発行
専門誌「薪ストーブのある暮らし」の発行
関連展示会への出展
調査・統計
暖炉、ストーブに関する販売統計
海外の安全基準・排気ガス規制の調査